専業主婦ガイド TOP → 節約のこと 電気代の節約

電気代の節約

電気代の節約でよく聞くのは待機電力を無駄にしないことですが、待機電力とは、電気を使っていないのに、電化製品をコンセントにつないでおくだけで消費してしまう電力のことです。

待機電力は1ヶ月の電気代の中で約10%も占めていると言われています。そのためちょっと面倒ですが、使っていない電化製品のコンセントはこまめに抜いておくようにしましょう。

キッチンでは何種類ものコンセントを使っている場合が多いようですが、各コンセントが分かりやいように、食パンの袋の留め具などを利用して、家電名を記入してコンセントの先につけておくと大変便利です。

また、電気を使わない夜や外出中などは、ブレーカー自体を落としておくとかなりの電気代の節約になります。

契約している電力会社によっては、契約アンペアの違いで電気の基本料金が異なることがあるようです。電化製品を使っていてもブレーカーが落ちてしまう心配が事がない家庭では、契約アンペアを変更してみると電気代を節約することができます。

家庭の電気代の30%近くを占めているのは冷蔵庫です。冷蔵庫の電気代を節約すればかなりの家計費節約になることはまちがいなしです。冷蔵庫は庫内の温度が上昇した時に一番電気を消費します。これは温度を規定の温度に下げようと働くからです。

まず、冷蔵庫を直射日光に当てないことが大切です。直射日光に当たると庫内の温度を下げる力が弱くなってしまいます。また、庫内に物をつめすぎてしまうと、冷気の流れが悪くなってしまい温度を下げようとして電気を消費してしまいます。最大容量の70%程度が良いでしょう。

節約のこと


プロアクティブ お試し
プロアクティブのお試し。使い切っても60日間返金保証。初回特別3,900円(税抜)。

事務服 カーディガン
事務服のカーディガンなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!

鳩よけ駆除撃退・カラス対策|総合鳥害対策の【害鳥・害獣110番】
http://mabu-den.com/