専業主婦ガイド TOP → お金のこと 家計簿のすすめ

家計簿のすすめ

家計簿をつけるのは、節約に奮闘している専業主婦であれば必須のことですが、中には以前は毎日つけていたけれど、面倒で今はつけていないという方もいらっしゃるようです。

そのため、家計簿の記入を長続きさせるためには、簡単で面倒でなく、すぐにつけられることがポイントになります。

家計簿は細かく記入せず、最初は大雑把につけていくのが長続きの秘訣になります。市販の家計簿や家計簿ソフトでは、購入場所、購入した物、金額の項目があり詳細に記入するようにできています。

無駄に細かく家計簿をつけるのは、それだけで貴重な時間をうばわれてしまいます。多くの家庭では、お金の収支状況が把握できる程度で良いため、必要な項目だけをつけられる物を選びましょう。

実際に必要な項目は、食費、日用雑貨、交通費、通信費、教養費、娯楽費などです。レシート1つの中に複数の項目がある場合は、正確に計算する必要はなく、およその金額で配分しましょう。

初めから完璧を求め過ぎてしまうと、正確に家計簿をつけていくことに労力を費やし、だんだん嫌になってきて長続きさせられない原因となってしまいます。

また、毎日家計簿をつけるとなると、やはり途中挫折の原因となりかねません。忙しい毎日で、常に家計簿を記入したり、パソコンを開いたりするのは面倒なことです。そのためレシートを保管しておいて、まとめて記入するのがおすすめです。

レシートが貰えない時は、携帯のメモ機能を活用したり、ちょっとしたメモ帳に記入したりすると支出を忘れることがありません。気が向いた時にまとめて家計簿をつけるとよいでしょう。

お金のこと


観葉植物のレンタルを東京で
http://www.rental39.com/